スピードスケート男子500mでメダル獲得

バンクーバーオリンピックスピードスケート男子500mで日本の長島が銀メダル、加藤が銅メダルを獲得した。

二人のスケート靴のブレードは所属企業が持っている金属加工の技術を駆使して加工したそうだ。
選手と周りを取り巻く環境が一体となって獲得したメダルと言うことですね。
加藤選手は練習でスタートが上手くゆかず大分神経質になってたようですが、良い結果が出てよかったです(ただ、本人はもっと上を狙っていたようですね)
とりあえず「日本のお家芸復活」と言うことで、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>