日本圧勝(WBC 2次ラウンドオランダ戦)

ここまで貧打に喘ぎ苦戦が続いたサムライジャパン
前の試合でチームを敗戦から救う盗塁を成功させた鳥谷を1番に、その鳥谷をホームに返すタイムリーを打った井幡を2番に据える打順変更を行った。
1番に座った鳥谷がいきなり先頭打者ホームランで流れをサムライジャパンに引き寄せるとその後はホームラン攻勢で日本が大勝しアメリカでの準決勝進出を決めました。

打線の爆発が目を引きましたが、韓国・キューバを撃破したオランダの強力打線を完璧に押さえ込んだ前田健太の投球はすばらしかった。1次ラウンド前は方の不調もささやかれたが、バッターに的を絞らせない変幻自在のピッチングは、メジャーで「精密機械」と呼ばれたグレッグ・マダックスのようだった。前田健太はアメリカでの準決勝先発が予想されるが、どんな投球を見せてくれるか楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>