W杯出場決定!

キリン杯での仕上がりが良かったので期待はしていたけれど、ウズベキスタン戦ですんなりW杯出場が決まって良かったですね。

「すんなり」と表現したのは、予選の勝敗上の結果で早く出場が決定したと言う事でウズベキスタン戦はヒヤヒヤしながら見てました。

ボールの支配率が51%(もっと低いかと思いました)と悪く、アウェーでの微妙な審判の判定も多々あった。

相手はこの試合を落とすとW杯出場が絶望的になるため、かなり激しく来ていたが岡崎の得点後、大久保がオフサイドを取られたシュートシーン以降は日本選手の運動量が落ち、ウズベキスタン選手のするどい出足に足元のボールを奪われ、ルーズボールもことごとく取られ途中からは防戦一方のゲームとなった。

攻撃面であまり良いシーンが見られなかった分、ここのディフェンスで頑張っていたように見えるのはサッカー素人の私だけでしょうか?

出場が決まったことで、怪我を抱えている選手には十分休養してもらいまた良いパフォーマンスを見せてもらいたい。

残りの予選2試合

控えの選手に出場機会が訪れることになると思うけれど、その選手達の動きを楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>