女子バレーワールドグランプリ終了

結局決勝リーグは1勝4敗で最下位。
チームが「4年後に向けてスタートしたばかりなのでしょうがない?」と言ってもそれはどのチームも同じこと。これからどのような強化策が取られて行くかを楽しみにしたい。
何度も書いているが個人的には、サーブとサーブレシーブ。

自分から行動が起こせるサーブは体格で劣る日本人は、外国チーム以上に強化するべきだ。
中国戦は見る限りサーブを打ち切れていないと言うか?置きに行っているように見えてしまったが、サーブが良かった唯一勝利したオランダ戦と次の負けた中国戦では、日本チームのサーブの出来が雲泥の差があった。

それとサーブレシーブ
新たにメンバーに選出された井上、カムバックした庄司が良い動きを見せていたが、これもサーブレシーブが安定している時のこと。もともとレシーブは日本の得意とするところだったのではないでしょうか?あと、チャンスボールをなぜアンダーでレシーブするのかな?その理由は何なのかな?
素人から見るとオーバーで取ってセッターに繋いだ方が速攻のタイミングを作り易い気がするけれど、違うのかな?

バレーの話はそのくらいにして男子バスケの日本代表は世界選手権を逃してしまったが、この情報も露出度がやはり少ない。女子バレーをすべて見習う必要は無いと思う(テレビ局がやり過ぎではないか?と思う節もあるので)が、もう少し何とかならないか?ミニバスからカウントすれば競技人口はバスケも多いはず。なんとか露出度上げて、競技に日を付けたいね。
ホームページだけで判断するのはもちろん良く無いですが、、、

日本バスケット協会 
JBL
BJリーグ

それぞれ縛りも違うともうので簡単に比較は出来ないかも知れないけれど、どれが興味を誘いますか?私はシーズン中のBJリーグの動画配信なんかおもしろと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>